ads by google

熱海梅園について

熱海梅園とは

熱海市のゆるやかな山間に位置し、三方を熱函道路などの主要道路に囲まれた4.4haの都市公園です。

 

歴史のある公園で、明治19年から120年以上の歴史があります。
開設2年後の明治21年には皇室に献納され皇室財産となり、昭和22年(1947年)に宮内省から皇室財産税として物納され国有財産となりました。

 

変わったところでは日本一早咲きの梅、日本一遅い紅葉の名所としても全国的に有名です。 

 

 

開花状況について

日本一早咲きといわれる熱海の梅ですが、今年は1月9日(土)〜3月6日(日)に「第72回熱海梅園梅まつり」が開催されます。

 

2月1日の時点で全体の5.06分咲となっています。一番いい見ごろは2月の中頃だと予想されます。

 

 

駐車場について

梅園前に駐車場はありますが、会場周辺は大変込み合いますので公共交通機関の利用をお勧めします。
また、熱海梅園-糸川の区間では無料シャトルバスも運行されています。

 

駐車場

利用時間 8:30〜16:30
普通乗用車600円
二輪車300円
マイクロバス1500円

 

 

ランチについて

熱海で人気のラーメン店「わんたんや」でのワンタンメン、「囲炉茶屋」での金目鯛の煮つけ、創業60年の「宝亭」のカツカレーはどれもリーズナブルで美味しいのでぜひ一度召し上がっていただきたいです。

 

 

開園時間について

熱海梅園の開園時間は8:30-16:00です。時間外は無料開放されます。
ただし、梅まつり開催期間中の平成28年1月23日〜平成28年3月6日は有料となりますので注意が必要です。

ads by google