ads by google

安芸の宮島について

 

安芸の宮島とは

広島県にある厳島(いつくしま)の 事で、通称は宮島(みやじま)です。松島・天橋立とならび、日本三景のひとつとして知られる景勝地でもあります。古代から島そのものが自然崇拝の対象でした。

 

安芸の宮島の見どころについて

・厳島神社
海の上に浮かぶ、海を敷地とした大胆・ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美を兼ね備えた神社です。全国に約500社ある厳島神社の総本社であり、ユネスコの世界文化遺産に「厳島神社」として登録されています。日没30分後位〜午後11時までライトアップされています。

 

・大鳥居
朱塗りの大鳥居は、安芸の宮島・厳島神社のシンボルとなっています。その高さは木造の鳥居としては日本一を誇っており、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。内部に石が多数詰め込まれており、その重みによって大鳥居は自立し、風や波に耐えるようになっています。
「日本三大木造鳥居」「日本三鳥居」に堂々のランクインを果たしています。

 

 

 

安芸の宮島周辺のランチについて

牡蠣や穴子が名産ですので、是非食べていただきたいです。店名のとおり、牡蠣を存分に味わえる「牡蠣屋」、あなご飯をいただける名店「うえの」、現地で広島風お好み焼を楽しめる「お好み焼き ももちゃん」がおすすめです。

 

 

アクセスについて

広島、関西方面からは、国道2号西広島バイパス、山陽自動車道廿日市JCT、廿日市ICから国道2号に入り、宮島口駅周辺の有料駐車場へ。
九州方面からは、大野ICから国道2号に入り、宮島口駅周辺の有料駐車場へ。

 

宮島口に駐車してからフェリーで渡ります。
フェリーは2社(JRフェリー・宮島松大汽船)が隣り合っています。
どちらも同じ料金・所要時間ですが、時間が5分毎に交互に出発しています

 

ads by google