ads by google

国営ひたち海浜公園について

国営ひたち海浜公園とは?

 

国営ひたち海浜公園とは、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園である。

 

元々この地域は1938年に水戸陸軍飛行学校、陸軍水戸飛行場、
そして終戦後の1946年にはアメリカ軍水戸射爆撃場として利用されていた。

 

1973年に日本政府に変換され、「首都圏整備計画」のひとつとして整備されたのが、
国営ひたち海浜公園である。

 

 

公園の面積は350haで東京ディズニーランドの5倍と、広大である。

 

そして、茨城県の花の名所の一つにも数えられている。
チューリップやネモフィラ等の花が有名だ。

 

 

園内には様々なエリアが存在し、スイセンガーデンやたまごの森、水のステージ、バーベキュー広場等がある。

 

また、キャラクターも存在し、「花ちゃん」や「海くん」がいる。
観光スポットとしてはかなり充実している。

 

 

国営ひたち海浜公園の観覧車

 

公園内には巨大な観覧車がある。
リニューアル工事され、2013年にオープンされた。

 

名称も変わり「Flower Ring として新しく生まれ変わった。

 

 

外観的にはコスモスをイメージしたカラーリングになっている。
家族やカップルなどで楽しむ事もできるようになった。

 

 

 

イルミネーションについて

 

12月には「アイスワールド」と呼ばれるイルミネーションイベントも開催されている。
以前より光の数も増えた。

 

 

白い正解に青や赤、紫などの光輝く、幻想的な空間を作り出している。
野外でのイルミネーションとはまた違った魅力がある。

 

 

氷や木々の間には動物たちを見る事も出来、家族でも色んな楽しみ方が出来る。
ジオラマも沢山展示されているのでお子さんと楽しむ事も出来る。

 

 

GWなどの連休時の混雑具合

 

GW前後にはネモフィラや菜の花といった、様々な花が咲き誇り、
とても綺麗なコントラストを演出している。

 

そのためその時期は毎年かなりの混雑をみせている。

 

また、近年では絶景スポットとして有名になった事から、特に大混雑するようになった。

 

 

周辺道路や駐車場の問題も出て来るため、少しだけ時期をずらしたり、
時間を変えたりする事で、混雑を回避する事が出来る。

ads by google