ads by google

向島百花園について

向島百花園とは

江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804〜1830年)に造られた庭園です。庭を造ったのは、もともと骨董商を営んでいた佐原鞠塢が花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造り、開園しました。開園当初は、360本のウメが主体で、「新梅屋敷」と呼ばれていました。その後、詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようにしました。「百花園」の名称は、一説では、「梅は百花に魁けて咲く」または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたものです。昭和53年10月に文化財保護法により国の名勝及び史跡の指定を受けました。

 

 

 

梅まつりについて

「新梅屋敷」向島百花園では約60本の紅梅・白梅の開花時期に合わせて梅まつりを開催しています。梅を主題に詠んだ和歌・俳句を募集したり、「江戸大道芸」など江戸情緒を楽しめるイベントが実施される日もあります。また、期間中の土・日曜には、ボランティアガイドによる庭園ガイドも行われます。今年は例年よりも早咲きで、二月の中旬〜下旬が見ごろです。

 

 

 

向島百花園の見どころについて

・ハギのトンネル
ウメが有名な向島百花園ですが、夏には萩をお楽しみ頂くことが出来ます。こちらはハギを竹の柵にそわせてトンネル状に植えられた園路で、百花園の名物です。9月にはなんと全長約30mの花のトンネルになります。

 

 

 

アクセスについて

向島百花園へのアクセスは電車、もしくはバスが便利です。
駐車場がないので、公共交通機関を利用してください。

 

東武スカイツリーライン「東向島」下車 
徒歩約8分
京成電鉄押上線「京成曳舟」下車 
徒歩約13分
都営バス 亀戸-日暮里(里22)
「百花園前」下車 徒歩約2〜3分

ads by google